カスタマイズ

AFFINGER4(アフィンガー4)でサイト構築する際の手順例

更新日:

スポンサーリンク


Webサイトの基本情報を決める

  • サイトのジャンル、テーマを決める
  • サイト名を決める
  • ドメイン名を決める(当サイトの場合はムームードメインで調査)

サーバー、ドメインの取得、設定

当サイトの場合

  • サーバーはエックスサーバーを利用
  • ドメインはムームードメインを利用、ネームサーバをエックスサーバーに向けて設定変更
  • エックスーサーバーで取得した独自ドメインを追加し、SSL設定

エックスサーバーを利用した理由

  • 長年の運営実績があり信頼がある
  • 電話サポートあり
  • 独自ドメインのSSLが無料で利用できる
  • これまでの利用経験で安定していた
  • ドメインが無料で利用できるキャンペーンの時はさらにお得

ムームードメインを利用した理由

かつてはバリュードメインを利用していたが、バリュードメイン、ムームードメインともにGMO傘下となり、価格はほとんど変わらない。

ロリポップサーバーを利用する際にムームードメインを使っていた方が管理しやすいので、ムームードメインを利用。

AFFINGER4(アフィンガー4)の購入

アフィンガー4を購入。この時、購入先によって1,000円安く購入できる

WorPress

インストール

  • エックスサーバーで、WordPressを自動インストール

ダッシュボード

  • 画面右上の「表示オプション」から「WordPress ニュース」のチェックを外す

外観

テーマ

  • アフィンガー4をアップロードし、有効化
  • 使っていないテーマを削除

メニュー

  • 「グローバルメニュー」を作成

プラグイン

  • 「Hello Dolly」を削除
  • 「WP Multibyte Patch」を有効化
  • 「Akismet」を有効化し、「Akismetアカウントを有効化」ボタンをクリック。「APIキーを取得」して「手動で API キーを入力」する
  • アフィンガー4の「クレジット削除」プラグインをアップロードして有効化
  • 「Table of Contents Plus」をインストールして有効化
    ・「アフィンガー管理」から「TOC+にオリジナルCSSを適応する」にチェックを入れて保存
    ・「設定」→「TOC+」→「基本設定」から以下設定
    ・「表示条件」を2つに変更
    ・「以下のコンテンツタイプを自動挿入」のチェックを全て外す
    ・「見出しテキスト」を「目次」に変更
    ・「ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可」で「テキストを表示」を「▼」、「テキストを非表示」を「×」に変更、「最初は目次を非表示」にチェックを入れる
  • 「WP No Category Base」をインストールして有効化
  • 「Auto Post Thumbnail」をインストールして有効化
  • 「Preserve Editor Scroll Position」をインストールして有効化
  • 「PubSubHubbub」をインストールして有効化
  • 「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化
  • 「Pixabay Images」をインストールして有効化
  • 「EWWW Image Optimizer」をインストールして有効化
  • リビジョン管理
    (既にリビジョンが溜まっていたら)「Better Delete Revision」をインストールして有効化、適宜、リビジョンの削除、データベースの最適化
    「Revision Control」をインストールして有効化、「投稿」「固定ページ」「カスタム CSS」を「リビジョン最大保存数10」に設定
    参考Revision Control - WordPressのリビジョンを削減してデータベース容量を減らせるプラグイン - ネタワン
  • (ソースを表示したい場合)「Crayon Syntax Highlighter」をインストールして有効化
    「設定」→「Crayon」から以下設定
    ・「Toolbar」→「Display the Toolbar」を「Always」
    ・「Lines」→「Wrap lines by default」にチェック
  • 「Broken Link Checker」をインストールして有効化
  • 「TinyMCE Advanced」をインストールして有効化
    「設定」→「TinyMCE Advanced」から以下設定
    ・「スタイル」を「使用しないボタン」から追加

設定

一般設定

  • 「キャッチフレーズ」を変更
  • 「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」の「http」を「https」としてSSLのURLに変更

表示設定

  • 「RSS/Atom フィードでの各投稿の表示」を「抜粋のみを表示」に変更

パーマリンク設定

  • 「共通設定」で「カスタム構造」をチェックして「/%post_id%」と入力(URLを投稿IDのみとする場合)

AFFINGER管理

サイト全体の設定

  • 「オリジナルテーマカスタマイザーを使用する」にチェックを入れ、任意の色を選択
  • 「見出しやタイトルに游ゴシックを使用しない」にチェックを入れて保存

その他の設定

上級者向け設定
  • 「headに出力するコード」にアドセンスで「ページ単位の広告」を利用される場合はコードを入力

Google Search Console(グーグル サーチコンソール)

  • サイトを登録(プロパティを追加)し、所有権を確認する

Google Analytics(グーグル アナリティクス)

  • アカウント、プロパティの各種設定
  • 「AFFINGER4 管理」で「Google連携に関する設定」→「アナリティクスコード(トラッキング ID)」を登録

プロパティ設定

  • 適宜必要に応じて「ユーザーの分布レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」「拡張リンクのアトリビューションを使用する」をオンにする
  • 「Search Console を調整」から「Search Console のサイト」を設定して連携させる

Google Adsense(グーグル アドセンス)

  • 登録
  • 「設定→自分のサイト」で広告掲載をするドメインを追加
  • 「広告の設定→広告ユニット」で、アフィンガー4のウィジェットに登録する用の「336×280 レクタングル(大)」と「300×250 レクタングル」の2つの広告ユニットを作成し、アフィンガー4のウィジェットに登録

-カスタマイズ

Copyright© アフィンガーNavi , 2018 All Rights Reserved.